柔道整復師学科 学生インタビュー

在校生の声

■丁寧な指導を受けられるので安心して通うことができます

田中 裕佳さん 柔道整復師学科Ⅰ部1年 田中 裕佳さん(諫早商業高等学校卒業)
中学生の頃、バスケットボールのチームトレーナーとして来ていた先生をみて、自分も怪我をした人を助けたいと思いました。そのトレーナーは柔道整復師の資格を持っていて、家から通える県内の学校でこの資格がとれる学校を探していたときに、先生方の学生に対する熱心な姿勢が伝わり、この学校なら勉強の苦手な私でもやっていけると思いました。学校では、毎時間集中して授業を受けて、毎日家に帰って復習をします!将来は笑顔で明るい柔道整復師になりたいです。

■「ありがとう」と言ってもらえる柔道整復師になりたい

神崎 健士郎さん 柔道整復師学科Ⅰ部1年 神崎 健士郎さん(長崎鶴洋高等学校卒業)
高校ではラグビー部に所属し、怪我をすることが多く、近くの整骨院を利用していたときに柔道整復師の仕事に興味を持ち、高校のインターンシップで整骨院に行きました。その中で、患者さんに「ありがとう」と言ってもらえたときに嬉しくなり、人の役に立てる柔道整復師になりたいと思いました。この学校は先生や先輩方の評判も良く、校舎も駅前にあって通いやすいので入学を決めました。学校では1年次からしっかりと勉強を頑張り、誰からでも「ありがとう」と言ってもらえるような柔道整復師になりたいです。

■わからない時はすぐに聞く!先生との距離が近いから安心です

米田果歩さん 柔道整復師学科Ⅰ部2年 米田 果歩さん(長崎商業高等学校卒業)
オープンキャンパスに参加した時、授業についていけない学生にも先生が理解できるまでサポートしてくれることを知って、勉強が苦手な私でも大丈夫かもしれないと思い入学を決心しました。国家資格を取得するために、授業に集中し、わからない時は積極的に先生に質問し、その都度、理解できるようにしたいと思います。定期テストでも気を抜かないようにして、1年の時から真剣に取り組み、国家資格合格を目指します。

■スポーツの分野で人の役に立ちたい

喜多 伊織さん 柔道整復師学科Ⅰ部2年 喜多 伊織さん(鎮西学院高等学校卒業)
小さい時からサッカーを続けてきた中で、自分の将来を考えた時、スポーツの経験が活かせて人の役に立てる仕事に就きたいと思い、この学校を選びました。スポーツを頑張っている人が、ケガをしたり不調を起こした時に、専門知識を持ってケアを行い、選手がいつでもベストコンディションで試合に臨めるようにサポートできたらいいな、と思います。これから、人々に信頼される柔道整復師を目指して頑張りたいと思います。

■2つの国家資格を狙うダブルスクール制度にひかれました

友清 美佳さん 柔道整復師学科Ⅰ部2年 友清 美佳さん(諫早商業高等学校卒業)
小さい頃からやってきたソフトテニスでは、ケガをすることが多く、整骨院に通うことが多々ありました。そのうち、手技で体の不調を整えてくれる、柔道整復師に興味を持ったことが、この道を選ぶきっかけになりました。長崎柔鍼スポーツ専門学校には、柔道整復師と鍼灸師の2つの国家資格を同時に取得できるダブルスクール制度があることを知り入学を決意。お世話になった高校の部活動にトレーナーとして恩返しできるよう頑張ります。

 

卒業生の声

■グローバルな考えや経験を身につけ鍼灸師・柔道整復師として大きく成長したい。

中野 航希さん 住吉整骨院・針灸院勤務
中野 航希さん(瓊浦高等学校出身)

自分で“資格”を持ちたいという気持ちと、小さい頃から柔道していた経験を活かした仕事をしたいと思い、この学校へ入学しました。3年間で鍼灸師学科と柔道整復師学科を学ぶことに、はじめは不安もありましたが、先生やクラスの仲間のおかげで、無事に鍼灸師(はり師・きゅう師)、柔道整復師の国家資格を取得することができました。これからは、鍼灸院・整骨院で施術家としての基礎を学び、将来は海外にも視野を広げ、グローバルな考えや経験を持った先生になりたいと思います。

■将来は、運動指導と治療が行える整骨院を開業したい

清水 敬さん 田中整骨院勤務
清水 敬さん(社会人入学)

国家資格を持つことは信頼につながり、信頼関係が治療の第一歩になります。学校では、いい仲間にも巡り会え、励まし合いながら国家試験合格を目指すことができました。柔道整復師は、治療した患者様から「ありがとう」と言われ、喜んでもらえる素晴らしい仕事です。コンディショニングを行っている学生の患者様が、スポーツ大会で表彰された時は、本当に嬉しかったです。

■人生を変えるきっかけになると思い入学を決意

鈴木 麻友美さん みぞぐち整骨院 勤務
鈴木 麻友美さん(社会人入学)

整骨院での受付の仕事をきっかけに、柔道整復師の素晴らしさを知り、人生が変わるかもしれないと思い、国家資格取得を目指しました。この仕事は、患者様と信頼関係を築くためにコミュニケーション力が最も必要となります。学生時代は、友達や先生とも積極的に話し、関わっていくことが将来きっと役に立つと思います。これから、元気な高齢者が増えるよう地域に貢献していきたいです。